黎明美術館

ハンバーガーメニュー
  • EnglishEnglish
  • close
    黎明美術館

    プライバシーポリシー

    個人情報の取扱いに関するご案内

    影

    1.個人情報保護方針

     黎明美術館(以下、当美術館という) は、当美術館が業務上使用する個人情報の適正な取扱いを確保するため、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、自主的な体制及びルールを確立し、これを実行し維持することを宣言致します。

     当美術館は、この宣言を実行するために、個人情報の保護に関して、当美術館従業者 (役員、雇用関係にある従業員及び派遣社員等を含む)、その他、関係者に周知徹底させ実行し、改善・維持をしてまいります。
     当美術館は、個人情報の滅失、き損、改ざん及び漏えい等を防止するために、情報システムの安全管理に関する社内規程を定め、不正アクセス対策、コンピュータウイルス対策など適切な情報セキュリティ対策を実行してまいります。

     当美術館における個人情報保護の基本原則は以下の通りです。

    (1) 不正な収集の禁止
     個人情報の収集にあたり、適法かつ公正な手段によって行うこととし、不正な方法によって収集することを禁止します。
    (2) 目的外利用の禁止
     個人情報の利用にあたり、利用目的の範囲内に限定して取扱うこととし、目的の範囲を超えて利用することを禁止します。
    (3) 安全性の確保
     個人情報の取扱いにあたり、安全管理に留意します。但し、安全性が確保できない状態で、故意に個人情報を入出力・保管・搬送・送信・廃棄することを禁止します。
    (4) 第三者提供の禁止
     法令で定める範囲を超えて、ご本人の同意なく個人情報を第三者へ提供することを禁止します。
    但し、業務の委託をするのに伴い個人情報を第三者に預託する場合や、個人情報を第三者との間で共同利用する場合、当該第三者との間で必要な契約を締結し、その他、法令上必要な措置を講じます。
    (5) 本人の権利尊重
     個人情報の主体であるご本人がご自身の個人情報について、開示・訂正、利用停止等を請求する権利を有していることを認識し、ご本人からのこれらの要求に対して法令等の定める手続に従い対応します。

    2. 取得に関する事項

     当美術館で個人情報を取得する際には、お客様の同意のもと、予め明示した利用目的の達成に必要な範囲内で、適切かつ公正な手段によって取得致します。目的の範囲を超えて利用する必要が生じた場合は、その旨、お客様にご連絡(通知)した上で、同意をいただきます。
     また、当美術館では、18歳未満の方は、ご本人への確認・同意と併せて保護者様の同意をいただいた上で、個人情報をお取り扱い致します。

    3. 利用目的に関する事項

     当美術館は、取得した個人情報を以下の目的に使用致します。

    4. 第三者への提供

     当美術館は、保有する個人情報を法令により認められている場合を除き、お客様ご本人の同意なくいかなる第三者にも提供または開示致しません。

    5. 委託に関する事項

     当美術館は、上記3項記載の利用目的の達成に必要な範囲内において、業務の全部または一部を委託する場合には、個人情報の守秘義務管理及び監督を含む契約の締結をはじめ、適切に委託先の管理・監督を行います。

    6. 共同利用に関する事項

     当美術館は、保有する個人情報を上記3項記載の目的達成に必要な範囲内で共同して利用することがあります。共同利用する個人情報は、当美術館個人情報保護管理責任者が責任を持って管理致します。

    共同利用される個人情報の項目
    (1)住所・氏名、会社名、電話番号、メールアドレス、その他、お客様へのサービス提供にあたって必要となる情報
    利用する者の目的
    (1) 黎明美術館内の警備
    (2) 黎明美術館予約内容・保守に関わる全般
    (3) 精算
    (4) その他、上記利用目的に付帯・関連する全業務
    個人情報の管理について責任を有する者
    黎明美術館

    7. 当美術館ウェブサイトにおける個人情報の取扱い

     当美術館では、当美術館のウェブサイトにおいてお客様からいただいた個人情報は、お申し込みいただいたサービス提供の記録としてのみ保存し、一定期間経過後、削除致します。また、安全対策として、以下の通り対応しております。

     個人情報の安全の為、不正アクセスや紛失・破壊・改ざん・漏えいなどの防止のため管理・運用面、システムの両面から合理的な安全対策を講じております。
     但し、利用者による不正アクセス等によって当美術館が損害を受けた場合は、当美術館は当該利用者に対して被った全ての損害に対して損害賠償を請求できるものとします。
     当美術館ホームページにてお客様とインターネットを通じて行われる個人情報の送受信は、SSL(Secure Sockets Layer) による暗号化通信を採用しております。

     ホームページ上での情報収集
     当美術館ホームページ上の情報収集として、「クッキー(cookie.ウェブで送受信した利用履歴等をお客様のブラウザに保存しておく技術)」を利用した情報及び当美術館ホームページへのアクセス記録(アクセスログ)を収集いたしておりますが、いずれも当美術館ホームページの運用・サービス向上のための統計的処理及び不正アクセスなどの原因調査以外では利用致しません。クッキーを受け入れたくない場合、お客様はインターネットブラウザの設定を変えることでクッキーを拒否することができます。

    8. 個人情報についてのお問い合わせ窓口

     当美術館は、ご本人の個人情報をできるだけ正確かつ最新の更新の内容で管理します。ご本人から内容の開示・訂正、利用停止等のご請求(個人情報に関する各種ご請求)のお申し出があった時は、下記メールアドレスまで送信下さい。
    黎明美術館

    メール: info@reimei-museum.jp

    9. 取扱い内容の変更

     本規則は、日本標準時2019年4月1日より有効と致します。尚、当美術館は社会経済情勢の変化や諸般の事情で、本規則の改正、変更をできるものとします。

    黎明美術館

    ソーシャルメディアポリシーについて

    黎明美術館は(以下「当美術館」という)、当美術館がソーシャルメディア(Facebook、Twitter、YouTubeに代表される、インターネット上で利用者が情報を発信することで形成されるメディア)にて当美術館公式のアカウント(以下「公式アカウント」という)を恒常的、または一時的に開設し、利用するにあたり、以下の通り定めます。

    尚、ここで規定する事項は、当美術館の公式アカウント及び、それに付随するサービスの利用者(以下「利用者」という)全てに対し適用されるものとします。

    1. 運営指針
    (1) ソーシャルメディアを通じて発信した情報は、不特定多数の人に公開されていること、一度発信した情報は完全に削除することが出来ないことを理解し、慎重に情報発信を行います。
    (2) 利用者から発信された発言に対して、傾聴する姿勢を持ち、責任ある行動をとるよう努めます。
    (3) 当美術館従業者は(役員、雇用関係にある従業員及び派遣社員等を含む)、各種法令や本ポリシーとは別に当美術館が定めたプライバシーポリシー及びソーシャルメディア利用に関する社内規程を遵守します。
    (4) 利用者から発信された内容について原則返信は行いませんが、内容により、当美術館が必要と判断した場合、公式アカウント上での回答または、利用者への直接回答を行います。

    2. 利用の目的

    当美術館の販売促進情報や各種エピソードに関する情報の発信を通じ、お客様と情報共有し、事業活動を活性化することを目的と致します。

    3. 当美術館からの発信内容

    当美術館が公式アカウントで発信する内容は、当美術館に関連する商品、サービス・イベント・プロモーションなどの販売促進情報、歴史上のエピソード、地域の風物詩や行事などの販売促進に係る一般的事項に限定致します。当美術館の正式な発表に関しては当美術館ホームページの「お知らせ」などで情報発信致します。

    4. 当美術館並びに利用者の発信禁止事項

    当美術館は、公式アカウント上において、以下の発信禁止事項の発信を禁止すると共に、利用者から発信禁止事項に該当する発信があった場合は、当美術館の判断により発信内容を削除致します。 また、利用者が次の事項のいずれかに該当する行為により、当美術館及び当システムに損害を与えた場合、当美術館は当該利用者に対して被った全ての損害の賠償を請求できるものとします。

    (1) 利用者または当美術館従業者の人権、プライバシーを侵害する内容
    (2) 当美術館、利用者または第三者の権利・財産を侵害したり、誹謗中傷する内容
    (3) その他、当美術館が掲載にふさわしくないと判断した内容

    5. 免責事項

    (1) 当美術館は、予告なしに公式アカウント上の運用の中断または中止、情報の変更をさせていただくことがあります。
    (2) 当美術館は、理由の如何に関わらず、公式アカウント上を利用することまたは利用できないことによって生じる損害及び、運用の中断若しくは中止または情報の変更によって生じるいかなる損害についても一切の責任を負いません。

    6. 合意管轄

    ソーシャルメディアの利用に関連して生じた一切の紛争に関しては、岡山地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所と致します。

    7. 当美術館公式ソーシャルメディアアカウント

    Facebook:

    8. お問合せ

    当美術館のソーシャルメディア利用並びに公式アカウントに関するお問い合わせ先
    黎明美術館 ホームページ担当
    〒700-0962
    岡山市北区北長瀬表町2-4-3
    お問合せフォーム:https://reimei-museum.jp/contact/

    9. 取扱い内容の変更

     本規則は、日本標準時2019年4月1日より有効と致します。尚、当美術館は社会経済情勢の変化や諸般の事情で、本規則の改正、変更をできるものとします。

    黎明美術館

    情報セキュリティポリシー

    黎明美術館(以下「当美術館」という)は、情報漏えいリスクに対し対策を講じることにより、お客さまをはじめ社会からの信頼を常に得られるよう、「情報セキュリティポリシー」を策定しました。
    今後はこの「情報セキュリティポリシー」及び別掲の「プライバシーポリシー」を遵守し、様々な脅威から情報資産を保護し、かつ適正に取り扱うことにより、情報セキュリティの維持に努めます。

    尚、ここで規定する事項は、当美術館の公式アカウント及び、それに付随するサービスの利用者(以下「利用者」という)全てに対し適用されるものとします。

    1.情報セキュリティポリシーの運用

    当美術館が保有する全ての情報資産の保護に努め、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、情報セキュリティ管理体制を構築していきます。

    2.「情報セキュリティ管理責任者」の配置

    情報セキュリティ管理責任者を配置して、情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を実施できるよう活動を行います。

    3. 情報セキュリティに関する内部規程の整備

    情報セキュリティポリシーに基づいた内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産の取り扱いについて適正な態度で臨むことを社内外に周知徹底します。

    4. 情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現

    情報資産に対する不正な侵入・漏えい・改ざん・紛失・破壊・利用妨害等が発生しないよう、システムを実現していきます。

    5. 情報セキュリティリテラシーの向上

    当美術館の情報資産に関わることについて、教育・訓練を継続して行っていきます。

    6. 業務委託先の管理体制強化

    業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当美術館と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。
    また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、業務委託先を継続的に見直し、契約の強化に努めます。

    7. 情報セキュリティポリシーの対象

    当ポリシーが対象とする「情報資産」とは、当美術館の企業活動において入手及び知り得た情報並びに当美術館が業務上保有する情報とし、この情報資産の取り扱い及び管理に携わる当美術館の「役員、従業員、派遣社員等」並びに当美術館の情報資産を取り扱う「業務委託先及びその従業員」が遵守することとします。

    8. 取扱い内容の変更

     本規則は、日本標準時2019年4月1日より有効と致します。尚、当美術館は社会経済情勢の変化や諸般の事情で、本規則の改正、変更をできるものとします。

    黎明美術館

    文字
    サイズ