黎明美術館

ハンバーガーメニュー
  • EnglishEnglish
  • close
    黎明美術館

    足守離宮(別館)

    最高級の空間を楽しむ

    影

    黎明美術館で最も気品ある空間「足守離宮」。令和最初の”奥の院”として、最高のおもてなしを致します。

    • 足守離宮について

      足守離宮について

      天変地異に侵されないエリアとして、次なる首都候補に注目されている「吉備高原都市」
      そして、「北政所(ねね)」の実家である木下家が栄えたエリアです。秀吉はねねに会う為、折を見て寧々ゆかりの地をお忍びで通ったとされる「足守地域」。当地域は「蛍の里」やメロンの名産地でも名高いことが知られています。
      この2つの主要地域の中心に位置する「足守離宮」。
      京都嵐山の竹林を彷彿とさせる自然が育んだ木々を抜けていくと、黎明美術館「奥の院」を目の当たりにします。

      また、日光東照宮を制作した東の「左 甚五郎」、これに対する西の「橘 貫五郎(宮大工)」の一番弟子である、「横田百助」の生誕の地でもあり、由緒ある土地に建立されています。

    • 足守離宮について

      一日限定6席の贅沢

      黎明美術館内で最も格調高い「最期の奥の院」としてのおもてなしをご用意致しております。
      まずは岡山駅にお迎えに上がり、足守離宮までの道程を楽しんでいただきます。
      到着後は、専用デッキにて山々に囲まれた自然を感じながら、当館が用意したウェルカムドリンク(アルコール類など)を味わっていただいた後、源泉地エリア内で、「ホタルの里」にも近い露天風呂やサウナなどでお寛ぎいただくことが出来ます。
      そして、待望の特別迎賓室内にて、豪勢なお料理と酒宴を心ゆくまでご堪能いただけます。

      尚、特別限定プランの為、HP上からのご予約は受け付けておりませんので、ご了承下さいますようお願い致します。

    • 足守離宮について

      二重折り上げ格天井

      足守離宮には、二条城の建築様式を忠実に守った「二重折り上げ格天井」が施されており、黎明美術館の中で最も格式の高い部屋です。
      東西南北の四方角で「松竹梅の間」が存在し、隣接する部屋内には古代中国の四神思想に基づく「鳳凰図」「鶴と燕子花図」が威風堂々と控えていることから、究極のパワースポットとして「至極の吉祥の間」が君臨しています。
      天頂には綺羅びやかな鳳凰像が足守一帯を見守っており、正に「平成最後の奥の院」「令和最初の奥の院」として、相応しく佇んでいます。

      

    館内の見どころ

    • 足守離宮について
    • 足守離宮について
    • 足守離宮について
    • 足守離宮について
    フォト フォト フォト

    雅城閣を見る WITHを見る 予約する

    文字
    サイズ